ジョブ・カード講習会



11月29日代々木オリンピックセンターにて「基金訓練版ジョブ・カード講習会」に参加しました。
ジョブ・カードという名称になじみのない方もいらっしゃると思いますので少しだけ解説を。 

目的は「正社員を増やす」です。 

対象と考えているのは

・フリーター
・子育て終了後の女性
・母子家庭の母親
・新卒者
・企業内の非正規社員

 ジョブ・カードは履歴書と職務経歴書をまとめて一冊にしたものです。
ただし、今までみなさんが使用していたものと大きく違うのは、 

1,全国共通のフォーマットができた

市販品は制作企業によってばらばらな様式でした。共通フォーマットができたことによって採用企業も共通項目で比較することができるようになりました。 

2,キャリアコンサルタントの指導を受けている

履歴書・職務経歴書は、本人が好きなことを書いて企業に提出していました。この制度は資格認定を受けた「キャリアコンサルタント」が一人づつジョブ・カードに目を通し、カウンセリングをしたのちジョブ・カードをアップデートしてゆきます。第三者からのアドバイスにより、企業が採用しやすいようにわかりやすく、本人の適性をアピールすることができるようになりました。

我流で作成していた履歴書とジョブ・カードでは就職の際大きな差ができてきます。
採用する側の信用を裏付けするためにも、ぜひこの制度を有効活用してください。

—————————————————

仕訳作業第三弾でファッションモデル蓮舫が「廃止決定」をし、大騒ぎになりました。
ジョブ・カード制度は平成2020年までに取得者300万人をめざし、閣議決定されたものです。
当然のことながらその後復活。
仕分け作業ごときに左右される制度ではありません。