北信五岳の名峰「妙高山2454M」昨日の曇り空から一転。快晴の中、 視界のない急登をひたすすみ頂上へ。ラストは360度の大展望と火打山の雄姿が迎えてくれた、いい山旅でした。(2013/08/11)


妙高山は越後の名山である。越後富士とも称せられる。越後のみならず、私は日本の名山だと思っている。その均整の取れた山容の気品と言い、ドッシリと安定した量感と言い、のびやかな裾野の雄大さと言い、名山としての名に恥じない。
深田久弥「日本百名山」

8月10日に火打山から下山後、黒沢池ヒュッテに移動し、明日にそなえる。

素泊まりを選択し早めに休息に入るも、夕食のいい匂いが腹にこたえた。

当日は快晴に恵まれ上々のスタートを切れたが、視界のない急登が切なかった。

大倉乗越

妙高山

火打山を下山後、黒沢池ヒュッテに移動した。

天気は上々となり、明日の山行が楽しみになってきた。

テント場も混雑してきたようで、次第にひとが増え、小屋は満杯となった。

大倉乗越から妙高山を見た。

雲が頂上にたまっているようだが、次第に風が振り払ってくれた。

沢筋の雪渓を渡る。

すでに踏みぬきの穴もぽっかりとあり、気温も上がってきていることから、相当躊躇した。

黒沢池ヒュッテからのコースは渡渉するとほとんど視界がない。

しかも急登をジグザグに行くため、忍耐力が求められた。

視界が開けたところが頂上だと思っていいい。

右のどっしりした山が火打山。

左となりは新潟焼山。現在は登山道の整備はされたいない。自己責任でとの注意書きも。

笹ヶ峰登山口へ。お花畑の中の木道。